小窓の向こう側

普段何気なく見ているテレビや映画の疑問・感想etc.を、無知ながらも思いのままに述べる!

人気blogランキング

2006.07 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2006.09

WBA世界ライトフライ級

いろいろな意味で注目を集めていた昨夜のボクシング。
亀田親子・亀田三兄弟と言われて世間を賑わしていた長男興毅氏の試合が行われました。

以前から世間では賛否両論があったようでした。なにやらTBSのドキュメントとして作り上げられてるとか、下り坂の選手としかマッチメイクしていないとか・・・etc.
もちろん、その勝ち続ける姿に素直にエールを送る人もたくさんいらっしゃいます。

まぁ、ボクシングもショースポーツの部分があるので魅せるための演出も時にはあるかもしれませんが、昨日の試合はあまりにも露骨な判定に映る。
素人目に見ても明らかに亀田氏の劣勢だった試合が、判定では“辛くも”勝利。

擁護的はコメントをする方の中には「判定基準に照らし合わせたら亀田が盛り返してた」なんてのもありますが、そんな一般視聴者の大半が疑問に思う判断基準に意味があるのでしょうか。素人には解らないのだから口を出すなと言うのであれば、一般の目に触れないところでやってもらいたい。

格闘技のオモシロさはやはり“強い”と言うのが根本のハズ。ソレは「結果この人が王者です」ではなく、「おぉ、コイツはやっぱり強ぇ〜!」というのを求めてる。少なくとも筆者は。

放送終了から各メディア、視聴者からは賞賛よりも疑問が湧き上がるのはどう考えても異常、とういうかまともではないでしょう。
本当に“強い”王者には何があっても賛美賞賛が付いてまわるもの。

TBSは昨日の試合の前から大晦日(12/31)のレコード大賞を前日(12/30)にずらしてまで、大晦日に「防衛戦」と銘打ってすでに枠を確保していた模様。
ソレって絶対に負けは無いって事?
それについてはジャーナリストの勝谷誠彦氏も咬み付いてました(笑)

亀田長兄がホントのファイターであると自負するなら、昨日の試合では「ベルトなんかいらねぇー!」くらい言ってもらいたいものである。
まぁ、所詮は協栄ジムとTBSにつくられた姿なのでそんな事もありえませんが・・・。

因みに1Rでダウンしたのは「パンチが当たったのではなく、緊張の為倒れた」本人談だそうです。
ってオイオイヾ(--;)

映画・テレビのブログ→→→ 人気blogランキング

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

tomtom

tomtom

Abi-Station

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/
利用規約

Categories

Links

Ad.column