小窓の向こう側

普段何気なく見ているテレビや映画の疑問・感想etc.を、無知ながらも思いのままに述べる!

人気blogランキング

2006.03 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2006.05

ちびまる子ちゃん

昨日4月18日に放送された、15周年記念スペシャルの実写版の方です。

「ちびまる子ちゃん」ももう15年も放送してるんですねぇ。いやぁ長い。それ以上に「サザエさん」も長い。日曜日のあの時間の枠は非常に長寿です。

今回の実写のドラマ化、オフィシャルページを見ると、主役を演じる森迫永依さんは500人を超える子役の中から選ばれたらしい。確かになかなかまるちゃんのイメージに合ってるかも。原作のさくらももこさんもイメージのハマり具合に絶賛だったとか。
ただ、筆者的には脇を固める俳優人のハマりっぷり、特にビジュアル的に非常によく練られた人選とメイクの方がインパクトが強くて、主役のまるちゃんの印象がイマイチ薄かったような気がします。
あの家族ですよ。おとうさん(高橋克実)、おかあさん(清水ミチコ)、おじいちゃん(モト冬樹)なんてそのまんまって感じです。おばあちゃん(市毛良枝)も実写を見てみると「あぁ〜(¨ )(.. )」と言ってしまう程イメージぴったり。おねえちゃん(福田麻由子)、たまちゃん(美山加恋)も今を時めく子役二人であり、イメージも守られてると思う。さらに言えば、先生(笠井アナ)やたまちゃんのおとうさん(八嶋智人)もかなりハマってた。

アニメを実写でドラマ化すると作品の世界観が崩れると、テレビ・映画問わずよく聞きますが、今回の実写化は良い出来だったと思ってます。非常にキャラクターの性格・ビジュアルをしっかり守っていた感があります。

15周年記念作品と言わずにシリーズ化しても十分やっていけそうな気がするのは筆者だけ?

続きを読む »

映画・テレビのブログ→→→ 人気blogランキング

ヴァン・ヘルシング

久々にDVDを借りてきて見ました。
以下ネタバレが多少含みますのでちょっと注意。

で、この映画。
興行的にはそこそこ?ケッコウ?ヒットした模様。世界40ヶ国以上で上映されたとかなんとか。その辺の数字は調べていないので詳しいことは言えませんが。

一言で言ってしまえば「妖怪退治(妖怪大戦争?)」ってトコでしょうか。
そこそこヒットした様ですし、映像も迫力ある作りで、俳優陣も魅力のある方々が出演していますが、個人的にはどうも印象が薄い気がしてなりません。
ナゼだろう。最近映画を見るときにアラを探したくなくても探すクセが付いてしまってるのだろうか・・・。
西洋のメジャーどころの妖怪が登場していて、ジキル&ハイド、ドラキュラ、フランケンシュタイン、ウルフマン・・・。どうもこの辺が「リーグオブレジェンド」(個人的評価は相当低し)とイメージがカブリ気味なところがあって、自分の中で評価が低い要因かもしれません。主演のヒュー・ジャックマンは結構好きなんですが・・・。
余談ですがヒュー・ジャックマンは無頼漢的な役どころが多い。そこもまた魅力の一つでもあります。

内容に触れると、結局ドラキュラを生み出した一族の内輪の問題じゃーん、と言いたくなってしまった。まぁ、物語の問題は元を糾せばそんなもんですが。
あとドラキュラの弱点がウルフマンに咬まれるというのもいまいちピンとこないというか。だったらアナ王女の兄がウルフマンになった時、だめもとでドラキュラ伯爵に挑めば良かったのに。
でラストは結局ヴァン・ヘルシングがアナ王女を殺したことになるのか?
最後は魂が解放された、みたいになってるけど結局お家断絶してるし・・・。
とまぁ、突っ込み出せばキリが無いのでこの辺で。

主人公は上の命令で動くエージェントで、いろいろ面白い道具が出てきて、事件を解決していくという形態は007シリーズみたいかもしれません。

個人的には可も不可も無い、ってところでしょうか。

映画・テレビのブログ→→→ 人気blogランキング

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

tomtom

tomtom

Abi-Station

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/
利用規約

Categories

Links

Ad.column