小窓の向こう側

普段何気なく見ているテレビや映画の疑問・感想etc.を、無知ながらも思いのままに述べる!

人気blogランキング

2017.07 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2017.09

ちびまる子ちゃん

昨日4月18日に放送された、15周年記念スペシャルの実写版の方です。

「ちびまる子ちゃん」ももう15年も放送してるんですねぇ。いやぁ長い。それ以上に「サザエさん」も長い。日曜日のあの時間の枠は非常に長寿です。

今回の実写のドラマ化、オフィシャルページを見ると、主役を演じる森迫永依さんは500人を超える子役の中から選ばれたらしい。確かになかなかまるちゃんのイメージに合ってるかも。原作のさくらももこさんもイメージのハマり具合に絶賛だったとか。
ただ、筆者的には脇を固める俳優人のハマりっぷり、特にビジュアル的に非常によく練られた人選とメイクの方がインパクトが強くて、主役のまるちゃんの印象がイマイチ薄かったような気がします。
あの家族ですよ。おとうさん(高橋克実)、おかあさん(清水ミチコ)、おじいちゃん(モト冬樹)なんてそのまんまって感じです。おばあちゃん(市毛良枝)も実写を見てみると「あぁ〜(¨ )(.. )」と言ってしまう程イメージぴったり。おねえちゃん(福田麻由子)、たまちゃん(美山加恋)も今を時めく子役二人であり、イメージも守られてると思う。さらに言えば、先生(笠井アナ)やたまちゃんのおとうさん(八嶋智人)もかなりハマってた。

アニメを実写でドラマ化すると作品の世界観が崩れると、テレビ・映画問わずよく聞きますが、今回の実写化は良い出来だったと思ってます。非常にキャラクターの性格・ビジュアルをしっかり守っていた感があります。

15周年記念作品と言わずにシリーズ化しても十分やっていけそうな気がするのは筆者だけ?

続きを読む »

映画・テレビのブログ→→→ 人気blogランキング

釣〜りんぐ北海道

3月7日、番組に出演なさっていた捧 敏夫(ささげ としお)氏がお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りします。

北海道を代表する釣り番組の一つだったのではないでしょうか。
筆者は全くと言っていいほど釣りはしないのですが、この番組並びに捧氏の名前は耳にした事はあります。と言うか、全く釣りをしない筆者でさえ見ることもしばしばあった程の番組です。

釣りをする方であれば「こんな番組見たことない」なんて人は居ないと言えるのではないかと。筆者の伯父も釣りをする人で、この番組を毎週欠かさずVTRに収めているほどです。

内容としては釣りの知識や技術の紹介ももちろんありますが、出演されているお三方の料理をしているところや兼ね合いが楽しくて、釣りに興味が無くともなかなか楽しめる内容だと思います。見ていると「釣りって案外楽しそうだなぁ」なんて思わせてくれる構成の仕方。
この番組を見て、釣りをやってみようと思った方も少なくないのではないかと。

放送は1996年に始まり約10年。平均視聴率は10%を超えているそうです。詳しいことは解かりませんが、日曜日の夕方前の時間帯を考えたら相当な数字なのではないでしょうか。それほど長い間多くの人々が見ていたという事でしょう。
そんな番組も12日、19日の追悼番組を最後に終了するそうです。
結局のところ釣りをしない筆者がツベコベ言うところではないのですが、釣りの魅力を伝える番組が一つ減るというのは寂しく感じてしまいます。
享年60歳というのも「まだまだこれからだ」と思えてなりません。

ご冥福をお祈りいたします。

釣〜りんぐ北海道

映画・テレビのブログ→→→ 人気blogランキング

銭湯の娘!?

TBS系列、月〜金曜午後1:30〜2:00で放送中。
銭湯の娘!?

銭湯を舞台にそこに集まる様々な人々が織り成す笑いと涙。家族の絆を問う話題の・・・ってそこまで大げさなもんじゃなく、気楽に見られるホームコメディでしょう。
まるで「時間ですよ2006(仮)」と言ったところでしょうか。ただ真っ昼間の作品だけに”ポロリ”要素は皆無です。銭湯ドラマなのに・・・。まぁムリも無いか。

キャストもすごいというか何なのか。シャドウ・リュウに南州太郎、森川正太など懐かしい顔ぶれがゴロゴロ。シャドウ・リュウをまともに見たのは、あの「幽幻道士」のテンテン役依頼かもしれません(筆者個人として)。日本で仕事をしてるとはチラッと噂には聞いてましたが、ここで出てくるとは。
主題歌も「カレーライス」by KAN ってKANですよ。あの往年の(って言ってしまっていいのか)。これも噂には海外で生活しているような事を聞いていたのに、日本に帰ってきたの?
と言うようにキャスティングもまるで「○○さん再生工場」のような感じで、懐かしさも十分に堪能しています。

でヒロインは矢口真里。ハロプロの中ではもう2〜3人になってしまったであろう”仕事がある”人です。彼女はなかなかマルチに活躍できる要素をもっているようなので、このドラマに限らず多方面での今後の活躍を期待しております。

折り返し地点に差し掛かってきた今週(全45話で今週が21〜25話)。どうやら本当の父親が名乗りを上げてきた模様(現時点で今週分はまだ見ていません)。まだ半分なのに本当の父親が出てくるの?と思って、今後の展開がちょっと、というかカナリ楽しみです。

映画・テレビのブログ→→→ 人気blogランキング

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

tomtom

tomtom

Abi-Station

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/
利用規約

Categories

Links

Ad.column